分散投資でリスクを回避する

 FXでは、投資取引のかなめの一つともいえる分散投資が比較的簡単に行えるという利点があります。

分散投資とは、資産を一点に置いておくのではなく、小分けにして分散し、様々な形態で資産運用などを行っていく事で、資産にかかる様々な利機器などに対して、リスクマネージメントを行い、保全を図っていくものになります。

日本では、多くの人たちが銀行などに貯金をしたり、現金にして自宅で管理をしたりしています。
しかし、例えば銀行が経営破たんを起こしたり、自宅に保管していた資産が盗難に遭ったり、台風などで家屋ごと流されてしまったりした場合は、その資産を一気に失う事になります。

こうしたことを防ぐために行うものが分散投資という事になります。

この分散投資の考え方に則って資産を守っていくのであれば、日本の通貨である円に対しても、そのリスク要素を考えておくべきです。
通貨そのものに価値がなくなってしまえば、当然その資産も価値が失われてしまいます。
通貨に価値がなくなることなどあるはずがない、と思うかもしれませんが、例えば半端―インフレなどと呼ばれる現象が起きた場合、その通貨の価値はあっという間に下がっていってしまい、ペットボトルドリンクを一本買うのにも何百万円も必要になる、という状態も起こり得るのです。

こうした現象は実は、世界各国で起きており、それを立て直すために、新しい通貨を発行し、それまでの通貨の単位を切り上げるデノミネーションという金融政策がとられることがあるのです。

また、日本は1千兆円を超えるとも言われている莫大な借金を抱えているため、何かの拍子でそれが国家破綻への方向へと動き出さないとも限らないのです。

このようなことを考えた場合、日本円で、日本国内で資産を保全しておくという事自体にも、大きなリスクがかかってくることが分かると思います。

こうなってくると、資産の安全な回避先は、例えば金などの実物資産か、海外の銀行や証券会社への資産投資となっていきます。

しかしながら、例えば外貨貯金や海外株、海外債券などの取り扱いは、言葉の壁や両替による手数料などの問題もあり、難しい点があることは事実です。
実ははそうした問題点もFXでの投資取引であれば、簡単に解決できるのです。

FX取引では、海外の通貨による売買取引を行っているために、資産を積極的に運用しながら、同時に海外への分散投資、つまり資産を回避させることができるのです。
様々な手数料は、為替売買を主として行っているFXでは、極めて低く抑えられていることも特徴です。

自分の資産を守ることができるのは、自分しかありませんし、また、資産を眠らせたままにしておき、そのまま何かの拍子に失ってしまうのは、悔やんでも悔やみきれないことでしょう。

もし現在に資産があるのであれは、分散投資での運用を考えてみるのもいいですし、これから資産を作っていこうと計画しているのであれば、早い段階からのFXを使って運用と分散を行っていくのもいいでしょう。